一人暮らしに特化

屋根裏

最近は晩婚化が進んでおり一人暮らしの人が多くなっています。そのため、引越し業者も家族向けサービスに加えて一人での引越し、いわゆる「単身パック」でのサービスが充実してきています。単身パック専用のボックスの大きさも充実しているので荷物が少ない人はより安い値段で、荷物が少し多くても単身パックを利用することで安い価格で利用できるようになっているのがトレンドです。最近は引っ越し業者だけでなく、運輸業者や宅配業者も単身パックを導入して利用者を増やしています。 また、最近では学生向けに学割が適用される業者や単身赴任の人向けのサービスも出てきているので、引越しのシーンに合わせてより安い価格で利用できるようになっています。

引越しの単身パックを利用したい場合は単身パックの比較サイトを参考にするのがおすすめです。さまざまな引越しシーンに合わせて、どの業者がより安く充実したサービスを受けられるかが一目で比較できるため、急な辞令であまり時間がないという人でも隙間時間に業者を検討することができます。 単身パックの場合は、利用するボックスがどのサイズになるかで料金が変わるため業者の訪問見積もりは必須となります。出来るだけ小さいボックスで利用したい場合は、宅配便を利用して段ボールをいくつか発送するなど工夫すると良いでしょう。 また、単身パックで使われるボックスの大きさには業者によって違いがあります。大きさで引越し代が変わるのでどの業者のボックスが一番効率よく使えるかを比較すると良いでしょう。